クライミング用語まとめ(前編)

スポンサーリンク
ボルダリングの部屋

ボルダリングジムに通っていると耳にする、だけど今更人に聞けないそんな用語ありませんか?私はいっぱいあります。だから調べて、まとめてみました。まずは『あ行~さ行」までどうぞ!

用語は㈱日本文芸社『基礎から始めるスポーツクライミング』を参考にさせて頂きながら、ジムで聞くワード、等をまとめました。

スポンサーリンク

アンダーホールド;下側が持てるホールド

アンダークリング;アンダーホールドを、手のひらが自分に見えるように持つ持ち方。

アウトサイドエッジ;足の外側でホールドに立つフットワーク。

アウトドアクライミング;ジムではなく、外の岩を登ること。(外岩とも言う)

インサイドエッジ;足の内側でホールドに立つフットワークの事。

インドアクライミング;ジムなどの室内の人工壁を使ったクライミング。

イボルブ(evolv);アメリカのクライミングシューズブランド。その他クライミングギア等も販売。

液体チョーク;手汗による滑り防止のためのチョークの液体バージョン。(成分は炭酸マグネシウム、水、エタノール)ロジン(松ヤニから作られる成分)フリーとそうでないものがあるが、外岩では環境に配慮してロジンフリーを使用したい。

エッジ;角や縁などを指す。

オープンハンド;手を開いて指を伸ばした状態の持ち方。

オブザベーション;登る前に課題のルート(コース)を確認、登り方を想定する事。

オンサイト;初見で完登(登り切ること)する事。

オーバーハング;90度以上に前傾斜の壁の事。

オーツン(OCUN);ヨーロッパ チェコのクラッシュパッドやクライミングシューズブランド。シューズの「オゾン」や「オゾンプラス」は比較的横幅があるので、下駄足の私にはしっくりくる良いシューズでした。また、ヒールがスゴク効くので以前はリピート買いしてました。

核心;課題のルート(コース)の中で、一番難しい箇所。

カラファテ;目白にあるクライミングギアショップ。クライミングシューズやギアの品揃えが豊富。

ガストン;スライドドアを親指を下にして外側に開くように力を入れる持ち方。エヴァンゲリオンのATフィールドをこじ開ける時のような感じ。

カチホールド(又はカチ);小さくて持ち手の薄いホールドの事。

カチ持ち;カチホールドを持つときの持ち方。指をくっつけた持ち方。

ガバホールド(又はガバ);容易に持てるホールドの事。

かぶってる;壁が前傾している壁の事。

完登;落ちることなく、ルートを登り切ること。

がんば!;がんばれ!などの意味。世界共通らしいと昔に聞いたが実際使用されているかどうかは不明。クライミングでは良く耳にするが、初めて自分が言う時は少し照れるが、その内馴れる。

笠置;外岩ボルダリングエリア。京都笠置と岐阜笠置があるが、全くの別エリア。京都笠置は京都府笠置町。岐阜笠置は岐阜県恵那市笠置町です。ちなみに大場美和選手が出演していたボルダリング映画『笠置ROCK!』のロケ地は京都笠置です。

きょん(ドロップニーとも言う);片足を体の内側に折り畳むようにして体を支えるフットムーブの事。

キャンパ(キャンパシング);足を使わず、指・腕・背中・ムーブで登る事やトレーニング。指、腕、背中が強くなることもさることながら、重心位置を意識することで、登る時の適切な体の動きが身に付きます。

クロスムーブ(又はクロス);腕をクロスさせたムーブ(動き)で次のホールドを取りに行く方法。(キャンパトレーニングの中にクロスムーブを入れると、初めはツライですが、体の動き方・腕の固め方が分かるのでおススメです。

クライムダウン;飛びおりずに、ホールドを使って降りる事。

グラウンドフォール;地面に落ちる事。(絶対に避けたい)

クラック;岩の割れ目、裂け目の事。

クラッシュパッド;外岩などのアウトドアクライミング時に使用する衝撃吸収用パッド。

クリンプ;指の第一関節は曲げずに、第二関節を曲げて指先で押さえるように持つ、持ち方。

グレード;課題ルートに設定された難易度の事。(国によって表現が異なる。)

コンペティション(コンペ);競技大会の事。

コーディネーション;ホップ・ステップ・ジャンプ的な、ムーブを組み合わせた一連の流れでホールドを取りに行く動きの事。

コブラ;イタリア製のクライミングシューズブランド「LA SPORTIVA」のシューズの名前。

三点支持;クライミングの基本の動きで、両手両足を四点と考え、内一点を動かすために残る三点で体を支える事。

サイファー;片側の足を振り子の感じで足を振って、反動をつけて横や斜め上のホールドを取りに行く動きの事。

サイドプル;縦型のホールドで体側に引くように保持する方法。手・肘・肩が一直線を意識すると良い。

ジャミング;クラックの中に手や足を入れてひっかけて(突っ張らせて)体を安定させる方法の事。

シットスタート(又はシットダウンスタート);座ったような態勢からスタートする事。課題名の後ろなどに「SD」など記載があるとシットスタートとなる。

初登;誰も登ったことのない課題ルートを完登する事。

シャーマン;イボルブというメーカーのクライミングシューズの名前。

スタティックムーブ(スタティック);静的な動き。ゆっくり慎重なムーブ。

スタートホールド;課題ルートの初めにつかむホールドの事。

スローパーホールド(又はスローパー);球体のような丸みのあるホールド。握れないため、手のひら全体の摩擦を利用して、抑え込むように保持すると良い。

スメアリング(又はスメア);シューズの摩擦を利用して、壁に足を擦り付ける方法の事。フットホールドが無い場合に、壁に足を擦り付けて体を支える。

ステミング;足などで壁に体を突っ張って体を支えるムーブの事。

スラブ;垂直よりも奥に倒れ込んだ傾斜の緩い壁。

正対;体が壁に向かって正面を向いている状態。

側対(振り);正対が壁に対して正面を向いている状態であるのに対して、側対は体を横に向けた状態。

いかがでしたでしょうか?意外と知らいワードがあるものですね。

また、次回『た行』以降をご紹介致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました